伝送交換(電気通信主任技術者)の難易度と合格率

サイトマップ

伝送交換 勝つための講習会

伝送交換を攻略しようよ

■伝送交換(電気通信主任技術者)の難易度と合格率
の横長のバーを見てください。
伝送交換の集中ゼミナール

このバーは何を意味するかわかりますか?

そうです、電気通信主任技術者(伝送交換)の試験結果です。

左の赤い部分が試験当日に試験会場に現れなかった、いわゆる棄権者です。20%にも及びます。

棄権者は言うまでもなく不合格となり、結果通知のハガキすら来ません。

一方の、右の緑色の部分が合格者ですが、全体の僅か14%でしかありません。

棄権した人を除外して、受験した人のみの純粋な合格率でもたった17%です。

今このページを見ている貴方は、少なくとも右側の緑色の位置に立ったことがありませんね。

左の赤か、グレーの位置か、もしくは初受験かのいずれかだと思います。

貴方は今、どの位置に立っていますか?

勉強にアプローチする前にあまり落胆させないように、あえてこのバーは平坦に書きました。

しかし、実際の試験への取り組みは、無情にも右側が高くなっている険しい上り坂です。

上り坂を登って登って登って、最後にはゴールのラインを自力で踏まなければなりません。

貴方の現在の位置が、仮に下の図のポジションだとしましょう。

伝送交換の勉強法

貴方は自分の力で、この長い上り坂を右へ右へと進まなければなりません。

しかも、それは「試験日までに」という時間的な制約まで付いています。

どうですか。グレーと緑色の境界線まで自らの力で走り抜く覚悟はありますか?

(元々ある程度の学力持った人を除けば)自ら走る覚悟がなければ絶対に合格は掴めません。

これが資格試験にチャレンジする人々に課せられた共通の試練です。

伝送交換に限らず、中堅レベル以上の資格試験であれば、ほぼ似たような構図になっています。

努力なくして合格などあり得ません。

伝送交換の過去問題

さて、貴方はどう進めて良いかもわからないまま、とりあえず右方向へと歩き始めました。

ゴールのラインなど遠すぎて見えません。ゴールまでの距離すらわかりません。

ちょっと一休み、と歩みを止めると、後ろから見えないライバルたちにバンバン抜かれてゆきます。

仕事で疲れた体にムチを打って、無い時間を絞り出して、それでもなんとか登ろうとします。

同僚や上司は口では「がんばれ、ガンバレ」と言うものの、何も助けてはくれません。

自分の力で立ち上がる以外には、方法はないのです。

スタートラインからどの程度進んだのだろうか?

ひょっとしたら、ほとんど進んでいないのではないだろうか?

怖くて後ろを振り返れません。

焦りと不安が貴方を包み込んでゆく中、時間だけが無残に過ぎ去ってゆきます。

自力で歩く。自力で登る。もちろんこれが大原則です。

しかし、

もし途中まで特急電車があれば、部分的に乗っても良いのではないか。

多少のお金は掛かるけれども、「時間」という貴重な資源を節約できるのではないだろうか?

特急電車?

伝送交換の過去問題

ゴールまでではありませんが、部分的に乗せてくれる特急電車があるじゃないですか。

合格への最短ルート

資格セミナーをご存じありませんか?

色々な資格セミナーが開催されていますが、もちろん伝送交換にもあります。

(残念ながら、現時点では首都圏地域にほぼ限定されますが)

40時間ほどのパックになった総合コースのほか、

2時間単位で苦手な分野だけを選択できる、嬉しいコースもあります。

例えば、データ通信と法規は得意だが、無線はどうも苦手・・・

そのような人は、無線の講座だけをピンポイントで受講することが可能なんです。

便利な世の中になりました。情報化社会のおかげですね。
則として独学自学で進めつつ、苦手分野だけを専門家のセミナーで補う。
こんなことができる時代なんですね。

プロによる講習会で、自分の力に磨きをかけることができるのです。

あくまでも、走るのは貴方です。

努力するのは貴方です。

しかし、資格セミナーはそんな頑張る貴方を支援することならできます。

ほら、道の先には「合格」と書かれたゴールが見えてきましたよ!



私たちは、伝送交換に挑戦する貴方をピンポイントで支援します。

苦手な分野の講座を、2時間単位で選択することができます。これなら克服しやすいですね。

具体的な時間割は以下でご案内しています。クリックしてお進みください。

伝送交換・救済プログラム

さあ、扉を開ければ、有資格者として生き生きと輝いている貴方の背中が見えるはずです。

伝送交換を攻略

専門の講習会で力をつけて、一緒に伝送交換を戦いましょう!



→ 次へ(時間をコントロールしよう)


↑ PAGE TOP